Bad Feminist

去年(2018)年末から、ブッククラブでは「フェミニスト」系の本を読むことが多くなった。ここ数年間の#MeToo運動の影響なのかもしれないし、女だけのブッククラブだからかもしれない。2月のお題は、アメリカでは2014年刊行の『Bad Feminist』。このタイトルがそもそも誤解を招いてしまうのであるが、著者は自分のことを「バッドフェミニスト(中途半端なフェミニストですよの意味で)」と呼んでいる。多くの女性は、フェミニストな部分とそれに相反する部分を両方持っていて、「私はフェミニストよ!」とは胸を張って言いにくい「矛盾」を抱えている。たとえば、女性の権利を色々と主張しつつも、引越の手伝いは男友達にさせるとか、ピンクが好きとか。著者もそういう矛盾をいっぱい抱えている。

和訳が出ているが、どうもそれの評判がよくなく、途中で断念してしまった読者が少なからずいるらしい。確かに原書には翻訳しづらい要素が多い。著者はScrabbleのトーナメント戦に出場するほどなので、スラングも含め語彙が非常に豊富だし、その使い方がクリエイティブなのである。ただ、平明な文章をうまく操り理路整然としている。こんなこと言うと怒られそうだが、著者の体型がマツコ・デラックス級で、ポップカルチャー好きと社会問題を語るときのその毒舌型の切り口が似ているので、内容は非常に面白いのである(と私は思った)。

話はブッククラブに戻り、『Bad Feminist』にどんな反応があったかを書いてみる。

  • ジェンダー・ポリティクス

この本について、いや、むしろ今のジェンダーポリティクスについて語り合いたい、という参加者が多かった気がする。ジェンダーポリティクスにカッカしている人がいると、話がそっちに引きずられてしまう。中間層は矛盾に満ちた「バッドフェミニスト」なので、正論を振り回されると、何も言えなくなってしまうのであった…….

そこで業を煮やした人生経験豊富そうな中年女性が「じゃあ、トロント大学のジェームズ・ピーターソンなど(フェミニストとは対極にある主張をしている)の本は、みんな読んだの? 対極にある意見に耳を傾けないなら、それはダメじゃない?」と発言したことにより、カーンと試合終了のゴングが打ち鳴らされた感じだった。

「そこまで強気に社会に女性を認めさせて、一体何がしたいの?」とやはり思ってしまうのである。「平等」を変なふうに振りかざすと、何やら世の中には有限のリソースがあり、それを均等に分配しなければならないと考えてしまいがちだ。自分のパイが少ないと思い込んでしまうと、妥協や寛容は生まれにくいし、奪い合いしか起きないのではないかしらん。

  • なぜ女性はいつもLikability(好感度とでも言おうか)を求められるのか

本書は、この「好感度」のややこしさについて論考している。「とりあえずお前はニコニコ笑っておけば何とかなる」と人(親など)に言われて、常に微笑みを絶やさない女性とか、「そーだねー」と相手(主に男性)の意見にとりあえず同意しているふりをしている女性の行動は、好感度アップに直結しているからである。

アメリカ大統領選では、今までヒラリー・クリントンぐらいしか女性候補者がいなかったので、選挙のたびに、ヒラリーの好感度(の低さ)は彼女の政策以上に取り沙汰され、マイナスに働いてきた(いわゆる「ヒラリー嫌い」というやつだ)。次の2020年の選挙では、既に民主党の大統領候補にウジャウジャと女性が出てきている。そうなってくると、今回の選挙で女性候補者の好感度がメディアでどう扱われるのか、楽しみだ! とブッククラブ参加者は言っていた。ま・さ・に! である。

ヘンリー・キッシンジャーもルース・ベイダー・ギンズバーグも相当なお年寄りだが、ルース・ベイダー・ギンズバーグは現役の最高裁判事なのに、出過ぎた発言をすると「ゾンビ」と言われる。これも、Likabilityに似たような問題だと思う。

他にもいろいろ話は尽きなかったのだが、ちょっと忘れてしまった。

ちなみに、著者は高校生のときにレイプ被害に遭っていて、そのことも詳細に書いている。長い間封印してきたので、そのトラウマに向き合ったのは、ずいぶん後になってからだった。その彼女が「レイプ」「トリガー警告」について書いている。その部分はやっぱりこのエッセイ集の肝なので是非読んでもらいたい。

いつか読もうと思っていたが、タイトルの「フェミニスト」という言葉に引っかかっていたけど、まさに私のように自分が矛盾しまくっている……と思う人には腑に落ちるエッセイがてんこ盛りなのだ。もっと早く読めばよかった。

BOSS LIFE — 倒産ギリギリ社長の経営奮闘記

翻訳した書籍が日本で刊行されたので、紹介したいと思います。一般流通はしていないので残念ですが。

これはアメリカの東海岸で注文家具工場を経営する社長の「経営」奮闘記。元々著者は、ニューヨーク・タイムズのブログに小企業の社長の苦労話を寄稿していたのですが、2015年に書籍化されました。2008年のリーマン・ショックを何とか乗り切ったものの、「もうダメだ、倒産する」と破産の準備を始めたときに、自分と同じような境遇の人の参考になれば、とその破産手続きの経緯をブログには記録していたようです。

この本では、リーマン・ショック後の、挽回の兆しが見えてきたと思えたはずの2012年の1年間を振り返っています。ビジネス・パートナーとの決裂や、キャッシュフローの重要さを痛い思いをして学んだ著者は、1月から12月まで、毎月の収支を赤裸々に公開し、経営者として日々苦戦を細かく綴ります。人材採用、アドワーズ広告、海外の企業にも振り回されて、まさに七転八倒です。

私生活でも、重度自閉症の息子、健常児で大学進学を目前に控えた息子を抱え、キリキリ舞いで、アメリカの医療保険制度や学資ローンにも苦い意見を持っています。

町工場の社長として、地元の経済の衰退・変遷や、構造的に生まれる格差を憂う一方で、従業員への人間的な対応、我が子の進路に関する悩みや成長の喜びを温かく綴っています。経営奮闘記のはずなのに、目頭が熱くなる…… ページもあります。

アメリカ企業の社長といえば、マーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスク、スティーブ・ジョブズなど、大成功を収めた異端児的な人物ばかり思い浮かびますが、こんな中小企業の社長の苦戦を読んでみると、応援したくなります。

出版社はダイレクト出版というところです。

https://www.d-publishing.jp/