遂にHamilton

Hamilton at Chicago

シカゴで「ハミルトンでも見るか」と思い、チケットの値段の高さにひるんだのが3年前。チケット買ったのに、開演時間までにニューヨークにたどり着けなかったのが今年8月。そんな紆余曲折を経て、今年10月やっと、シカゴで念願のハミルトンを見た!! リベンジの日がこんなに早く訪れるとは思ってもみなかった。2015年の初演から4年もかかった。

来る日も来る日もサントラを聴いていた。同じようにサントラを聴きまくってから劇場に足を運んだ友達からも「サントラどおり!」と聞いていたが、まさにそのとおり。英語に自信のない人にはサントラをよく聴いておくことをお勧め。あと『Hamilton』はアメリカ建国のお話なので、少しは勉強していったほうがいいとは思う。外国人が何の予備知識もなしに歌舞伎を見てもわからないのと同じで、予備知識がないと、ラップでアメリカ建国史を歌われてもな……. ということになりかねない。

歴史をアレンジして作られた演劇や映画、書物はバカ売れすると、「史実を捻じ曲げている」的な批判が必ず出てくる。確かにバカ売れすると 、それをつい情報源にしてしまう。徳川光圀のことをあまり知らないのに『水戸黄門 』のせいでよく知っていると思い込んでしまうのに似ている。『Hamilton』は『水戸黄門 』ほど史実から乖離しているわけではないけど、初演当初は著名な歴史家たちがミュージカルと「史実」の違いを説明する記事もよく出ていた。でもこのミュージカルはそもそもハミルトンを筆頭にアメリカ建国の父たちとその周辺の人々を有色人種が演じているので、「史実は違う!」と目くじら立てるのも変。私は、にわかにアメリカ建国史に興味を持ってしまったので、このミュージカルの原作を読もうかと思っている。

それより、最近うるさく言われる「文化の盗用」。『Hamilton』もアメリカの保守系の論客に「文化の盗用」だと批判されている。カナダ首相も総選挙直前に昔のハロウィーンで「アラビアン・ナイト」の扮装で顔を黒塗りした写真が流出し、何回も謝罪していた。 この場合は黒塗りがアウトで、コスチューム自体はOKなのだと思うがよくわからない。かつての私の上司は日本が大好きだったのでハロウィーンで着物姿になっていた。きものはコスチュームではないけど、日本人でない上司のきもの姿が滑稽だったし、何より本人が大喜びだったのでハロウィーンの馬鹿騒ぎにぴったりだと私は思っていた。仮に私がハロウィーンで「トランプ大統領」に白塗りして変装すると「文化の盗用」になるのだろうか? トランプを差別してはいないけど尊敬はしていない。でも、仮に私が「ベトナムの笠をかぶった農民姿になってハロウィーンやりたい」とする。私はベトナムの農民を差別してはいないけど、悪趣味だとバッシングされそう……. 非常に面倒くさい話だ。要は、嫌いな人が悪趣味な格好をすると「文化の盗用」と騒ぎたてることが許される状況になっている気がする。だから嫌がっている人が多いんだと思う。

こういうこともいろいろ含めて『Hamilton』は本当に面白かった。もっといい座席で見たかったのが残念でならない。

2 thoughts on “遂にHamilton”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s