自己隔離生活(手芸三昧)

カナダに再入国して以来、14日間の自己隔離生活をしていたが、その間にオンタリオ州で緊急事態宣言が出たので、隔離生活は続いている。私は元々インドア派な上、在宅勤務なので、あまり苦痛は感じない。社交的な遊びに関しても、映画仲間からはメールで「おすすめの映画」が送られてくるし、ブッククラブからは「Zoomで読書会」のお知らせがあったし、句会もバーチャルにやることになった。

日本帰国中、いろんな布を買ってきたので、映画やドラマを見つつ、いろんなものを作っている。一番の大作は「ローブ」。しかも贅沢にネルのリバティプリントで作った。買った型紙の見本がリバティで作られていたというのもあるけど、理由はほかにもある。

去年入院したとき、以前リバティで作ったすっぽりかぶれるワンピースをパジャマ代わりに着ていたら、人に「カワイイね」と褒められた。サイズがうまく合わず、ワンピースとしては失敗だったけど、パジャマとしては優秀。パジャマ一つで気分が上がるものだ。今は寝るときに楽しい気分になりたいので、パジャマはなるべくかわいくしている。その延長で、このローブを作りたかったというわけ。ちなみに、5歳の姪っ子も、お気に入りのキャラクターのパジャマをどんなにぴちぴちになっても、寝るときはそれを着ている。ノリとしては同じ。

このキモノ風のローブを作るには、まず、裁断したり、待ち針つけたりするのに、長ーい布を広げるスペースがいる。なのでまずは床掃除から始まった。そして手でまつり縫いもしなければならなかったので、「くけ」も使った。「くけ、ご無沙汰!」と言いながらソーイングボックスから取り出したほど、久しぶりに使った(20年ぶりぐらい?)。

このローブはパターンに問題があって、わきの下がきつく仕上がってしまう。PurlSohoのウェブサイトにその解決方法が載っていたけど、あとの祭りだ。まあ、気が向いたら、直すことにしよう。








Paper Box

Boxmaking

仕事が溜まって、仕事机と食卓を往復するだけの日が続くと、ついくだらないことを思いついてしまう。あるギフトボックスを分解して、それを型紙にして、ちょっと厚めの紙に型紙を印刷して、箱をいっぱい作ってしまった。かわいいし、エコだ! と思い、もっとかわいい紙を買いに行った。クレジットカードを家に置き忘れて。

紙をいっぱい買って、レジで「$20です」と言われた時点で、カードを持っていないことが発覚。必死で小銭をかき集めるも、あともう少しのところで$20に満たない。焦ってかばんをひっくり返していたら、レジのお姉さんが、

「あなたは学生だったわよね?」

とウィンクしている。学割を適用して私の手持ち現金で間に合うようにしてくれる、ということらしい。

「そうだったかも、そうです、学生です」と返事した。おかげで払えた。チェーン店の画材店なのに、お姉さん、気が利く!!

あと、友達の真似して、アマゾンの空き箱でアマゾンハウス(猫用)を作った。しかし、うちの猫はこの家に入らないどころか近寄らない。箱が大好きなくせに。