読書会3 – 日本のYA作品

今回は萩尾望都の『イグアナの娘』で読書会。当然、これまでの「毒親」からの流れです。

「毒親」というものを理解するため、河合隼雄の『大人になることのむずかしさ』を読んでいましたが、これがなかなかよかったです。親のほうが「自分は理解のある親だ」(ゆえに「悪いのは子どもだ」と無意識に考える)と強く思い込んでしまうので、親子関係のもつれをなかなかと解けないことがよくあるらしい。

『イグアナの娘』だけでかなり話し込みました。参加者のひとりから、24ページで大きな転換を迎えるという衝撃の意見がぶっこまれ、もうそうとしか読めなくなりました! ゴーレム効果についても教えてもらいました。この読書会までに萩尾望都のことをいろいろと調べたので、他の作品ももうしばらく読み続けたいです。

そういえば、『大人になることのむずかしさ』に、イマジナリー・フレンドといえば!の代表格的な作品として『思い出のマーニー』があげられていたので、まずはジブリ版をネットフリックスで見ました。な、る、ほ、ど。そのうち原作を読もうと思います。

次は、『秘密の花園』+『私のこまどり』。前回『あしながおじさん』で盛り上がったので、改めて古典を深読みしてみたいです。

『私のこまどり』は同人誌『ほんやく日和』のVol.3に新しい訳が入ってると聞いたので、日本の家族に送ってもらっているけど、読書会の日までに届くかなぁ。届かなかったら、別のを読みます。

読書会2 – 海外YA作品

はぁ…… 世の中はウクライナの戦争一色。いろいろと考えることはありますが、今はただただ自分の日常を守るのみ。

海外YA作品を日本語で読む読書会その2がありました。第1回目は勇み足で3冊も選んでしまい、話し合いきれなかったので、今回は『わたしはイザベル』(原題は『I for Isobel』)1冊のみ。

これもSTAMP BOOKSシリーズの1つで、オーストラリアの作品。1979年に書かれてから10年という長い年月を経て、1989年に出版されたという、時代の先を行っていた小説です。今でいう「毒親」の呪縛から自分を解放する話です。この小説が書かれた頃は「毒親」という言葉もなかったから、親という権力者を否定する小説は社会が認めなかったのかもしれません。

頭が良く、創造力と文才に恵まれた主人公は、幼い頃から才能の芽を母親にことごとく摘み取られてしまう。そのせいなのか他人とうまく関われない。母親から解放され、自立するようになってから、山あり谷ありの道を歩むのですが、そのぎこちなさといったら! 途中イマジナリー・フレンドを作ったり、実際に自分を肯定してくれる人々と出会ったりしながら、少しずつ自分を取り戻していきます。

「毒親」から解放された主人公に安堵を感じ、応援せずにはいられませんでしたが、私にとっての伏兵は「ストーカー行為」を吹っきった別の登場人物でした。毒親と同じく、執念も払拭するのは相当難しい。

この本を読んで勇気を与えられた人は結構いたんじゃないのかな……と言いかけたら、日本では萩尾望都がまったく同じテーマで『イグアナの娘』を書いている! と読書会仲間が言い出し、次回は、この流れで『イグアナの娘』をお題にすることになりました。

自分一人で読んでいたら、まったく気に留めなかっただろう詳細に、注意を喚起されました。一冊をこんなにじっくり味わえるなんて!!と感謝しながらの読書会でした。

読書会1 – 海外YA作品

4人だけで海外YA作品を日本語で読む読書会をしました。そもそもYAって何なのでしょうね。北米のチェーンの本屋さんに行くと、「YAコーナー」が必ずあって、すごくいっぱい本が並んでいるのと、表紙デザインでなんとなくわかるんですが…… そういう問題ではなくて、もっと根源的な問いなのですが。

今回は、『あしながおじさん』(どの版を読んでもいい)、『飛び込み台の女王』、『ゲド戦記1:影との戦い』の3冊。

少人数の読書会っていいですね。30人くらい集まる読書会だと、だまって聞いていることが多いし、安心して何でも話せるというわけにはいかないですから。

今回は、意外にも『あしながおじさん』について話し込んでしまいました。大人になってから読むと、こうも面白いものなのかと。源氏物語の若紫的な話に行くかと思いきや、最初から最後までジュディの書く手紙だけなので、「ジュディはどこまで確信的だったのか(今風に言うと、もっていたのか)」という一点に時間をかなり割いたような気がします。

『飛び込み台の女王』は、飛び込みという競技と、登場人物の父親の死がからんでいるのでダークなのですが、いい映画になりそうな話でした。ロシア系移民の家族が登場するのですが、そのお母さんが「馬には足が4本あるのに、それでもつまづくことがある」というロシアのことわざを何度も言うのです(笑)。

『影との戦い』は、いつまでも話せそうなほど、話したいことはあったのですが、『あしながおじさん』に熱弁を振るったせいで、燃料切れ。このあと、ゲド戦記2を読み進めようと思ったのですが、ル=グィンが80代のときに書いていたエッセイを今読んでいます。『影との戦い』を書いたときから、一徹しているところがあるな、と思いながら……

来月は、『わたしはイザベル』。岩波のスタンプブックスシリーズの装丁がとてもかわいく、紙版で集めたいけれど、やっぱり海外にいると電子書籍になってしまうのが残念。

最近、私が余暇にYA小説をよく読んでいるのには理由があります。小学校1年生の姪っ子がわりと本好きで、その子がどんなものを読むのかなと気になるからです。時々本(児童書)を送ると、「漢字がいっぱいすぎる」と言ったりします。そういう本は読めないらしいけど、ちょっと大人扱いされて、うれしいみたい。

クララとお日さま

私はイシグロファンです。今回、初版のサイン本を買いました。半年くらい前にトロント国際映画祭の「In Conversation With」というイベントにカズオ・イシグロがズームで登壇したのですが、その参加条件がサイン本の購入だったのでした。

ようやく一気読みする時間がとれたのですが、『クララとお日さま』は世界同時刊行だったうえに、パンデミックのせいで、オンラインで様々な読書会があり、先にかなり内容を知っていました。それでも、私には感動的で、興味深かったです。多くの人が言うように、『私を離さないで』ほどの驚きも衝撃もありません。が、『私を離さないで』が出版された2005年に比べると、AI技術が一般に広く認知されているために、「クローンよりデジタルだ」と思う人が増えたから、こういう話が成立するのかなと。ちなみに、「ああ、これはやっぱり空恐ろしい話だ……」と思ったのは、7割ほど読んでからです。最後は、クララの太陽崇拝と健気な献身ぶりに泣きました。

日本の読者がクララのことを「ドラえもんっぽい」というのにも納得しました。でもクララには一体どのような「体」が与えられているのか、本ではよくわからない。ドラえもんのような愛くるしいぬいぐるみタイプではないことは明らかで、エクス・マキナ系の体かな……

今回は、紙の本で文字を追いながら、オーディオブックを聞くという方法で読みました。私の今一番のお気に入りの読書法です。英語で『クララとお日さま』を読もうかなと思っている人には超おススメです。朗読者はSaru Siuというアジア系アメリカ人女性。この朗読者がすばらしい! AIと人間をとてもうまく区別しています。ジョージーの家にいるお手伝いさんが「外国から来た移民」の設定になっているので、訛りのあるブロークンな英語で、時々AIのクララに話しかけるのですが、そのお手伝いさんの声もすっごく上手です(あのお手伝いさんが唯一の癒しの存在だった気がする)。たった一人で、AI、人間の老若男女、移民のお手伝いさんの声を担当し、すべてがうまい! オーディオブックのスピードに自分の読書スピードが左右されますが、倍速で聞いたりせず、Saru Siuのすばらしい朗読を心行くまで堪能してほしいです。

ところで、「初版+サイン本」のお宝写真を友人の本好きの旦那さん(アメリカ人)に見せたところ、「表紙デザインが違う」と偽物疑惑を掛けられました。アメリカ版とカナダ版(UK版)の表紙デザインが微妙に違うのですね。こちらがアメリカ版。

ある一生

この本は確か二年前の日本翻訳大賞で紹介され、知り合った本です。

これといって取り柄があるわけでもないある男が、アルプスの山の中で、粛々と自分の人生を歩む。時代は第二次世界大戦を挟んでいるし、ある意味、自分らしい人生を送ることが困難だった時代なのかもしれない。それでも、この男はひたすら静かに生きていく、それだけの話なんです。

少し話は飛びますが、バイデン政権がアメリカ軍をアフガニスタンから撤退させると4月に表明してからというもの、アフガン人でアメリカ側に加担した人々のことを思って胸を痛めています。いつかは撤退しなくてはならなかったので、そのこと自体は驚きでも何でもありません。先日のYouTubeライブでも話しましたが、私はアフガニスタン戦でアメリカ側について命がけで働いた通訳者のことも描いたノンフィクションを訳したので、心穏やかではありません。そういう中で、『ある一生』は私の心を慰めてくれました。

『ある一生』の主人公は非常に男臭く、ハイジの「おんじ」みたいな人。どれほど世界情勢に振り回されようと、自分の村が観光地化されようと、ひたすら自分の人生を生きて全うします。幼いときに里子に出されて虐待も受け、ソ連で強制労働させられるので、人並み以上の苦労を味わっています。戦後は再びアルプスの山に戻って静かに暮らし、人並みの幸せも手にします。長い一生から見ると一時ではあるにせよ、心貧しい大人や戦争に振り回された体験は、その男の「人生の一頁」でしかありません。渦中にいるときにはそうは思えなくても、生き残ることさえできれば、苦難の時期も「人生の一頁」として刻まれ、お迎えが来たら抵抗をせずにこの世を去る…… そういう「あたりまえのこと」が心の琴線に触れました。

最近、炎上発言をしたユーチューバーの一件や、中国の「寝そべり族」(英語では「Lie Flat」というようです)、日本の「ひきこもり」なども思い出しながら、精神生活の貧しさ(あるいは豊かさ)について考えています。他者の期待に応えようとして一途に頑張っても、一人の人間の「アウトプット」はそんなに変わらない。なのに「頑張れば」平均をはるかに上回ることができるかのような幻想に踊らされてしまう。 もうそんなダンスシューズは脱いでしまいましょう。

「金のカモシカ亭」に行きたい(笑)