オークション

昔は埴輪グッズも集めてた(埴輪そのものじゃなくて)

インスタで、とあるカナダ人アーティストが、アメリカ西海岸の山火事の被害者支援目的で、作品をオークションすると告知していた。オークションサイトでやるのではなく、インスタのコメント欄に金額を書き込む形式でやると。不謹慎ではあるけど、私はそのブツ(ミニチュアの観葉植物)が喉から手が出るほど欲しく、大義のほうは実は二の次なんである。

オークションは4日間続くので、誰かが「あと4日もあるから、私はギリギリに金額書き込むわ!」とコメントしていた。私はほかのオークションサイトによく張り付いていたりするので、その気持ちはわからないでもないけど、そんなことみんなに聞こえるように発言すると、オークションが全然面白くない!! 野球で「一球目では盗塁しないからね! ルーイ、ルイルイ」と敵陣に向かって言っているようなものである。あーやだやだ、と思いつつ、BID。

既にBIDしてる人がいて、10分もしないうちに、その人が私の提示金額をかなり上回る額を書き込んできた。

インスタ上のことだし、出展物がミニチュアなので、「誰? よっぽどのミニチュアファン?」と気になり、彼女のアカウントを覗き見ると、相当な富裕層っぽい。「インスタ映え」も念頭に見たけど、これは単なる映えではない。決定打は、彼女の旦那さんが真っ赤なフェラーリ430に乗っている写真だった。思わず、フェラーリ430の価格をググった(敵の懐具合を調べるため)。

仮に、今回のオークションで彼女と2対決になったとして、私にどれくらいの勝算があるのだろう? 私は生まれて初めて、オークションはやっぱりサイレントに限る、と思った。少なくとも賭けてる最中は公平かつスリルな気分が味わえて楽しいから。

ちなみに、私はアメリカのトヨタのディーラーで「赤が好きなの? このプリウスの赤はフェラーリレッドっぽいよ!」と勧められて即買いしたプリウスを13年間乗り続けている(カナダへの引越しのときも持ってきた)。このプリウスを買った日の夜、アイスホッケーの試合を見に行くことになっていた。契約書などにサインしているうちに、試合開始時間が迫り、思わずディーラーをせかす…… 真っ赤なプリウスに乗って走り去る私に、「新車だから飛ばしちゃだめだよ~! エンジンがびっくりするからね! 試合楽しんできてね~!」と見送ってくれた営業マンが忘れられない。

Shopping Bags

View this post on Instagram

Bags are now available.

A post shared by Kyoko Nitta (@knsbookclub) on

せっかくロゴも作ってもらったことだし…… というわけでエコバッグを作ってみた。

7月に旅行の計画を立てたのに、仕事で忙しくなることが確定し、キャンセルしたらお金が戻ってきた。じゃあ、そのお金で何をするか。もちろん、買いたいミニチュアは山のようにブックマークされているけれど、なんかこう、地元ビジネスに還元したほうがよくない? と思ってしまったのだ。コロナのせいだな、きっと。

バッグのデザイン案を2つ作ってもらい、フェイスブックで友達にどっちがいいかと尋ねたところ、興味深い結果が出た。営業やマーケティングをしている人は間違いなく「目立つほう」がいいと言い(3色刷り)、アート系の仕事をしている人やおしゃれ最先端を行くような人は、もう1つの案(2色刷り)のほうがいいと言い、きっぱり半分に分かれた。どっちの意見にも一理ある。結局、私は何のためにカバンを作るのか、商売のプロモーションのためなのか、自己満のためなのか、よーく考えなければならないな、と思った。

ところが、2色刷りと3色刷りとでは値段が違うことが発覚。カバンの印刷をやってくれるところのウェブサイトは、そういう見積もりが瞬時にできるので、わかりやすい。そういうわけで、「カバンをなぜ作るのか」という根源的な問いに答えるまでもなく、値段で決めた。ただ、「目立つものを作らないと!」とアドバイスしてくれた人々の声が耳に残っていて、ロゴは大きめに印刷することに。

結果的に、布との質感なども含め、とてもよい雰囲気で仕上がってきたので満足。布は薄めで、なかなかのおしゃれ感がある。分厚いコットンだと、どっかの国際会議で配るカバンみたいになっていたかもしれない。あー、危なかった。

ちなみに、その印刷屋さんが流行に敏感なのかどうか、若々しいところなのかどうかは、ツイッターでチェックした。ウェブサイトの作りからして、「若そうだな」とは思っていたけど、念には念を入れて。こういうとき、SNSは本当に役立つね。

バッグはまだ配りきってはいないけど、昔の交友を深める一面もあったりして、お金では買えない経験もできてよかった。

ちなみに、バッグまだまだ売りますよ。興味のある方は連絡ください。Etsyショップもあります。

https://www.etsy.com/listing/853163279/kn-cotton-shopping-bag?ref=shop_home_active_1

SOAKED

トロントでも少しずつビジネスが再開しています。今のところレストランでの食事はパティオのみで許可されています。

遅い昼ごはんを食べようとパティオのあるレストランに行ったら、嵐のような突発的な雨に見舞われ、ずぶ濡れになりました。レストランはソーシャルディスタンスを守らないと営業停止させられるのかも(というか、守ってないと客が来ないだろうし)。レストラン側も「中に入って雨宿りしてってよ!」と言わず、客のほうも「中に入れろ」とごねる人も一人もおらず、客たちが風で吹き飛ばされそうなパラソルを手で押さえている光景に私は笑っていました。

私たちはパラソルの下にはいなかったのですが、突風に吹かれてパラソルから滴り落ちる雨粒の落下点にいたので、「どぼどぼどぼ」という感じで濡れてました。ウェイトレスが申し訳なさそうにタオルを持ってきてくれましたが、むしろこっちが、やっと店が営業再開して稼げるようになったウェイトレスが気の毒になりました。

「今日はくそ暑いから、 シャワーを浴びれて良かったよ」と思ってもないことをウェイトレスに口走ってしまいました。

今、私は仕事で「帝国」についていろいろと調べまくっています。なので、「ダウントンアビー」をもう一度見はじめ、山崎豊子の本(日本帝国の崩壊だね)も読みはじめ、「帝国一色」です。パティオでも、濡れながら帝国のことばかり話していました。

ジャスティン・ビーバーのいるところ

巣ごもり生活をしている間、週1のペースでトロント郊外の田舎をドライブしています。途中、郊外ならではの大型ドライブスルーのあるファストフード店でハンバーガーセットを買い、誰もいない駐車場に車を停めて車の中で食べ、美しい湖を見ては、トイレに行きたくなる前に帰ってくる…… そんなルーティーンです。規制が少しずつ解除されているので、最近は車を出て散歩したりなど、こちらの行動も変わってきましたが。

この間、ジャスティン・ビーバーが巣ごもりしていた本人所有の別荘がある湖に行きました。トロントからそう遠くはないところにあります。具体的にどこにあるかは検索すればすぐにわかるので興味のある人は探してみてね。

カナダ基準で言えば、その湖は大きくはない。この程度の湖だと湖畔の土地は個人所有がほとんどになるのかもしれません(湖が大きいと環境保護にもうるさいし、誰でもアクセスできるように公共ビーチや公園、遊歩道がある)。そんなわけで、この湖は私有地に囲まれ、なかなか水際に出られず、やっと見つけた岸辺から、湖と対岸の景色を堪能しました。こんもりとした森のなかに富裕層の別荘が見え隠れ。ジャスティン・ビーバーの豪邸は、私の位置からは豆粒にしか見えませんでした(写真に写っている)。しかも、水際に建っていないので、カヌーを漕いで近づくというオプションもありません。だからあの場所を選んだのでしょうか。「ああ、あれかぁ」と見つけただけで満足して帰ってきました。

Launch America

週末、NASAとSpaceXによる有人ロケットの打ち上げをテレビで見ていました。ケネディ宇宙センターの発射台に宇宙飛行士を運ぶテスラ。その走行姿を見ながら、イーロン・マスクってすごいなと思いました。

去年2019年はアポロ11号が月面着陸に成功した50周年でした。NASAのTシャツが流行ったし、発射から月面着陸までの様子を見せるドキュメンタリー映画が上映されたりもしていました。映画は私も見ましたが、1969年の映像をデジタル化し、現代の観客も楽しめるような作りになっています。あれに比べると、週末に見たクルードラゴン+ファルコン9の映像は、信じられないほど鮮明で美しかった。クルードラゴンがファルコン9から分離される瞬間、特に第二段階のセパレーションのとき、背後に見えた地球の姿には、心を鷲掴みにされました。

SpaceXのCEOイーロン・マスクは、自分の子どもに一般人には読めない不思議な名前を付けたり、ロサンゼルスにトンネルを掘ったり、なにかとエキセントリックな人です。それでも、ペイパルといい、テスラといい、この30年間を振り返って「世の中何が変わったか?」と聞かれたときに必ず名前が上がりそうな事業を立ち上げてきた先駆者でもあります。特にテスラは、ビッグ3を敵に回してアメリカで起業したのだから感心です。日本で、トヨタを脅かす自動車会社を作る人が現れたと想像してもらえれば、その肝っ玉の太さがわかります。別に私は彼のファンでもありませんが、あのような人がいないと、サイエンスに憧れる次世代も現れないだろうし、世の中も変わらないのではないかと思うのです。

私はPBSでロケット打ち上げの生中継を見ていました。SpaceXの社長グェイン・ショットウェルが、「私を信じて雇ってくれたイーロンに感謝します!」と嬉しそうにコメントしていました。こういう要職に女性を登用できる彼にまた感心してしまいました。

ちなみにPBSはアメリカの国営放送なので、様々なところに配慮があって、スタジオにいるNASAの解説者たちも女性や黒人でした(ケネディ宇宙センターからの実況中継には白人男性レポーターを配置)。さらに2020年らしく、プレキシガラスで区切られたなかで実況中継をしていました。

この週末、アメリカでは警察による黒人への暴力に反対する抗議運動が全米各地で起きていて、ロケット発射どころではない人たちも大勢いました。宇宙開発のような領域では多様化が確実に進んでいます(1969年のアポロのとき、ほぼ白人男性だけだったのに比べれば)。一方で、別のところでは全然そうではなく、テレビの前に座ってニュースを見ているだけで居心地の悪い違和感に苛まれました。