PODCAST EP5

エピソード5をお届け。

1)リスナーからの声

2)姉御は今週 Hotdoc で忙しい

3)姉御のおすすめ映画『噂の二人』(1961年)(英語は『The Children’s Hour』)オードリー・ヘップバーンがまさかこんな社会派な映画に出ていたとは!? シャーリー・マクレーンがキュート! 内容は、1930年代のアメリカの LGBTQ のお話。カナダにお住いの人は、Kanopyで無料で見ることができますよ。

4)きょうこりんのおすすめ小説『ハムネット』。視点が変われば、伝える「物語」もガラッと変わる!

5)先週に引き続き、「ダメ男」ネタからのイーロン・マスクについてどう思うか

についてしゃべってます。 

とりあえずエピソード5まで達成できたので、これからは隔週くらいのペースで配信します。

Spotify だけでなく、アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストでも聞けます。「きょうこりんと姉御」で検索してみてね。

PODCAST EP4

エピソード4をお届け。

1)リスナーからの声(令嬢アンナのものまね挑戦を受けて立つ!)

2)きょうこりんの健康診断からの、夏目漱石の『明暗』、水村美苗の『続明暗』、豊崎由美の『まるでダメ男じゃん』に照らし合わせて、主人公の津田を語る

3)お互いの好みの男性などなど

4)姉御お勧めのネトフリ『Stay Tuned』(佐々木倫子の『チャンネルはそのまま』の英語版)

についてしゃべってます。

令嬢アンナって、数々のキラーフレーズを残した類まれなるキャラクターですよね! 最近わたしはお金を払わなければならないたびに「I can pay… I can pay…」とよろめくふりをして遊んでいます。

Spotify だけでなく、アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストでも聞けるようになりました。「きょうこりんと姉御」で検索してみてね。

PODCAST EP3

エピソード3をお届け。

1)リスナーからの声

2)広辞苑で綿棒の定義を姉御のおかんが調べた件

3)このポッドキャストのロゴの秘話(なぜ私がボーダーシャツばかり着ているか)

4)きょうこりんお勧めの『令嬢アンナの真実

5)姉御お勧めの『キリング・イブ

6)『Fleabag』というか、フィービー・ウォーラー・ブリッジについて

についてしゃべってます。

Spotify だけでなく、アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストでも聞けるようになりました。「きょうこりんと姉御」で検索してみてね。

PODCAST EP2

エピソード2をお届け。前回よりも慣れました。今回は、

1)エピソード1の反省

2)リスナーからの声

3)服部昇大作の漫画『邦キチ!映子さん』

4)斎藤工

5)ウクライナ映画『ドンバス』

6)三重県と愛媛県のステレオタイプ

についてしゃべってます。

ポッドキャストって面倒くさいかも?と思ってましたが、「もう頭つかわなくていいんじゃない?」というくらいに、ソフトウェアが勝手にやってくれるので、考えなければならないことといえば、「話す内容」と「どうやって話すか」くらいなもんです。

ポッドキャスト始めました

「きょうこりんと姉御のそんなんいえやん」ポッドキャストを始めました。きっかけは、クリスマスプレゼントにポッドキャスト用のマイクをもらったこと。「こういうのを渡しておけば、使うに違いない」と完全に性格を読まれてのプレゼントでした。ユーチューバーを目指すと思われたらしく、背景に使うムードライトのようなものまでもらいました。でも、さすがに顔出しは面倒くさい。

もともと滑舌が悪く、要領よく話せないので、一人でやってもなぁ、と思っていたら、一緒にやってくれる友だちが現れました。ふたりでやれば、おしゃべり感覚でできるし、ブログとは違ったことができますしね。

でも結局、音質をあげるために、ノイズキャンセレーションのマイク付きヘッドセットを買い、プレゼントしてもらったマイクは使いませんでした。ついでに、She-Kakuのイラスト担当の友だちにオリジナルロゴも作ってもらいました。いつまで続くかわからないのに、形だけはしっかり整えております……

Spotifyはこちら:https://open.spotify.com/show/4Lro3hBLK0sIK0nSlmLWTL

Anchorはこちら:https://anchor.fm/kyokorin-anego

初回を録音するにあたり、脚本を用意したのですが、何度か練習撮りをしているうちに暴走し、脚本とは全然違うことをしゃべっています。

番組中に思い出せなかった、JRの特急の名前は「南紀」。

姉御が言っていた、内田康夫は伊勢志摩や南紀が舞台のミステリーを書いていました。また、同じく姉御が紹介していた「かわいい双子が紹介する三重弁の動画」も検索しました。

初回が終わり、「フリーダイヤル」と「ダイヤルフリー」と間違え続けたことと、自分の要領を得ない話し方に驚愕しています。昔から家族には「もっと要領よく話せ!」と叱られていましたが、一切改善されていません。

わたしはよく「誰もわたしの話を聞いてくれない」とふてくされていましたが、こんな話し方では、相手はしびれを切らすだろうと今ようやく気づきました。「人のせいにしていたけど、実は自分が悪かった」の典型です。