カナダ総督―時代に合わせて多様性を配慮

「カナダを伝える会」の note からの再録です。

カナダにはイギリス国王の代理を務める「カナダ総督」が今も存在します。「え?」っと驚かれる人もいるかもしれませんが、ま、それはさておき、2021年7月、第30代のカナダ総督が任命されました。新総督のメアリー・スミスは、カナダ先住民イヌイットで、イヌイット語も話します。初の先住民出身のカナダ総督の誕生です。任命式では、英語とフランス語だけでなく、イヌイット語でも挨拶していました。歴代総督に比べると、フランス語が弱いので、「これからもっとフランス語能力を磨く」ことを公約しています。ちゃんとこう言っておかないと、カナダのフランス系勢力が許さないのでしょう。

カナダ総督は歴代白人男性だったのですが、1984年に初の女性総督ジャンヌ・ソーヴ(23代目)が任命されたのをきっかけに、性別や人種などの多様性が配慮されるようになりました。26代目(1999年)は香港系のエイドリアン・クラークソン、27代目(2005年)はハイチ系のミカエル・ジャン、29代目(2017年)は宇宙飛行士のジュリー・ペイエット、と女性が多くなっています。英語とフランス語が話せるのは当然で、みなさん他にも数カ国が話せる大変に優秀な人たちです。

ジャンヌ・ソーヴの時代は、イギリスのサッチャー政権時代と重なりますし、エイドリアン・クラークソンの時代は、香港が中国に返還され、カナダに多くの香港人が移住してきた時期と重なります。ミカエル・ジャンは初の黒人総督で、ハイチからの難民でした。ジュリー・ペイエットは宇宙流行りのなか、科学分野で活躍する女性の象徴的存在として選ばれたような気がします。それぞれの時代で、総督選びに「多様性」を配慮しているのがわかります。ミカエル・ジャンが総督だったとき、先住民イヌイット族の地、ヌナブト準州を訪問し、先住民が食べるアザラシの心臓(生)がふるまわれ、彼女がそれを口にしたことで、EUから大変なバッシングを受けたのが2009年。あれから、12年の歳月を経て、イヌイット族の人が総督になったのです。

ちなみに、カナダ総督の任期は5年。イギリス国王の代理なので、カナダ国内では「総督はいるか/いらないか」議論が時々起こります。カナダでは、カナダ国籍を取得するとき、イギリス国王に忠誠を誓うのですが、イギリスの旧植民地から移住してきた人々は、このことに驚き、失望する人も少なからずいるそうです。カナダの先住民たちも、「イギリス国王に忠誠を誓う宣誓式」には反対しています。

イギリス王室が代替わりすれば、「総督はいるか/いらないか」議論は再燃し、真剣に見直されることでしょう。現在の「カナダ総督」だけでなく、植民地時代のカナダには、フランス総督もいましたし、総督がいなかった時期というのは17世紀にまで遡らないといけません。カナダが国として、どのようなアイデンティティを築いていくのか、気になるところです。

追記:この記事のトップにある写真は、「The Death of General Wolfe」という絵です。ジェームズ・ウルフというイギリスの軍人が死ぬところを描いています。この絵の中に、先住民の男性が一人いますね? 彼以外の人の名前はわかっているのですが、この先住民の彼だけ誰かわからない。この先住民族はフランス軍か、イギリス軍に加担して戦っていたのですね。モントリオールの旧市街にあるバンク・オブ・モントリオールの古い建物の上のほうにも、この彼っぽい人がいます。

The Crown、再び

先週、メーガン妃とハリー王子のインタビューがあった。見る気満々だったのに逃した。

1週間後、アメリカのメディアでよくインタビューをする人々がクラブハウスで集まり(ケイティ・クーリックもいた)、オプラのインタビュアー能力をどう評価するか、話し合っているのを聴いた。概ね高評価だった。特に、オプラはあのカップルを個人的によく知っていて聞きにくいことも結構あったのに忖度しなかった点や、現代のアメリカ人視聴者が気になるところ(人種問題とメンタルヘルス)をよく引き出していた点が評価されていた。ダメ出しもされていたが、それは「イギリス王室や歴史」に対する知識が足りない、というもの。私はインタビューを見てないから、なんとも言えないけれど、結構突っ込んだインタビューのテクニックにまで話はおよび、ほう…と関心を持って聞いていた。

ここのところ、メーガン妃とハリー王子の王室離脱、フィリップ殿下の入院などが重なり、私の周辺ではイギリス王室が熱い。そこで『ザ・クラウン』をもう一度、最初から全部見た。『ザ・クラウン』のシーズン1の肝は、25歳の若きエリザベス女王とともに、そもそも「君主とは何なのか」を視聴者が知ることにある、と私は思う。現代人の目には君主といえども「等身大」にしか見えないもんね。

私がいちばん好きなのは、時代と君主制がそぐわなくなり、エリザベス女王と平民出身のサッチャー首相の確執という形で膿が一気に噴き出すシーズン4(前回見たときは、ひたすらダイアナとチャールズの行方ばかりに注目していたけれど)。サッチャーが貴族的保守派をバッサリと切り、帝国的なイギリス連邦を軽視するのも見どころだった。今はイギリス連邦のつながりを新たな経済ブロックとして捉える人もいるので、時代はどんどんと変わっていく……

シーズン4では、エリザベス女王やチャールズ皇太子以外の「王族」の処し方にもかなりつっこんでいる。見直してみると、いろんな細かいところに気が付いてしまい、「よくできたドラマだわ~」と感心。この部分が、メーガン妃とハリー王子の王室離脱につながっている。

メーガン妃とハリー王子のインタビューが放映されることになっていた日の午後、カナダではラジオ番組で「カナダ総督って必要ですか?」とリスナーからの意見を募っていた。伝統を重んじる派と、イギリスの持つ帝国的なイメージを嫌悪する派で意見は真っ二つに分かれていた。カナダで市民権を取得する場合、忠誠を誓う相手は「カナダ」ではなく「エリザベス女王」なので、移民・難民としてカナダに流れ着いた人の中には、「え? 多様性の国カナダに忠誠を誓うんではないの?」と戸惑いを感じる人もいるらしい。伝統派や現実派は、首相などとは違い、選挙で選ばれないカナダ総督の存在は重要と考える。

ドライブしながら、リスナーたちの意見を聞いていて、「みんな普段からそんなにカナダ総督のこと真剣に考えてるの?」と驚いた。時々現実派のリスナーが出てきて、「別に今はそのままでいいんじゃない? 今のクィーンが崩御したときにまた考えればいいんじゃない?」と言っていた。なるほど、決定打を待つか。そのとき、チャールズ皇太子はどう感じるのだろう? と私は心配してしまう。

個人的に私は、、、イギリス王室で慶事があるたびにカナダでも発行される記念切手をせっせと買っては、手紙好きの友人たちに送っていたので、そういうことができなくなる日が来るかもしれないのは残念。