She-Kaku vol. 1 『クリスマスの伝言』発売中

She-Kakuの記念すべき第1号が日本で発売されています。こちらのサイトから購入いただけます。

https://kivisoap.stores.jp/items/618c60cb1bfe1924973837bb

姪がこのkivi soapという石けんを作っていて、そのサイトに間借りさせてもらってます。日本では彼女のクリスマス石けんとセットしても販売します。

数はたくさん用意できないようなので、イベントで売り切れてしまうかもしれません。冊子を単体でお買い上げいただく分には問題ないです。

他にも、三重県内のカフェなどに置いてもらっています。

こちら以外にももう一件、近々……

日本では三重県内でのみ、直接手に取ってもうらうことができます。「うちのお店に置いてもいいよ」なんて思ってくださったら、ツイッターのDMでご連絡ください(https://twitter.com/kaku_she)。

ネットでの購入をお考えの人は、「中身をもっと知りたい」ですよね。表紙裏はこんな感じ。なるべくいろんな年齢の人が読めるよう、漢字は少なめ。それでも、外国文化を知ったり、人の名前を覚えたりするチャレンジはあるので、楽しいと思います。表紙を入れて32ページしかないので、ちょっと厚めのクリスマスカードにもなります。手作りのクッキーに添えるのも、いいかも。

etsyショップにも出すつもりなのですが、コロナ禍のせいで日本から荷物の到着が遅れてます。

She-Kaku:四角い冊子

このたび、グラフィックデザイナーの友人とユニットを組んで、CDサイズの冊子を作りました。すごく楽しかったので、今後も続けていくつもりです。

冊子は真四角なので、私たちのユニット名は「She-Kaku」。「She」は女二人でやっていて、ひとりが文章担当(書く)、もうひとりがイラスト担当(描く)だからです。

基本、著作権切れの作品を翻訳して、それに絵を付ける方向で行こうと思います。でも、コンセプトから離れることもありそうです。ツイッターでときどきつぶやいているので、のぞいてみてください。https://twitter.com/kaku_she

今回は『赤毛のアン』の作者ルーシー・モード・モンゴメリが『赤毛のアン』を発表する以前に書いた短編を訳しました。クリスマスの話です。『クリスマスの伝言』とタイトルを付けました。逐語訳ではないけれど、原文のスピリットは伝えてるっていう訳です。

この短編は本当に短いのに、登場人物がめちゃくちゃ多いんです! なのに、各登場人物の性格や雰囲気がぱっと想像できてしまう。モンゴメリ、すごい!と思いました。いろんな「すれ違い」が起きるのですが、最後にほっこりする話です。

She-Kakuのふたりは、この冊子を作っているあいだ、ネットフリックスで『アンという名の少女』を見て研究しました。アンの生活にはいろんなお菓子が登場します。この『クリスマスの伝言』もそうです。文章では伝えきれない、カナダの古いお菓子の数々をオリジナルのイラストで楽しんでもらえればうれしいです。もちろん、表紙や表紙裏もオリジナル。水彩画っぽい絵なので、紙は画用紙っぽい、やさしい感じのものを選びました。イラストやデザインのことは、私にはまったくわからないので、ユニットを組んでほんとによかったと思いました。

この冊子は小さいので、厚めのクリスマスカードにもなります。小説なんて普段読まない人でも読める長さだし、「人の心」を大切にするお話なので、贈り物にぴったり!

日本では、とてもすてきな手作り石けんとセット、あるいは単体で販売します。カナダにお住いの方もご連絡いただければ用意はできるかな。

この冊子を自分のお店に置きたい!なんて方がいらっしゃれば、ツイッターのDMからご連絡ください。お待ちしております。https://twitter.com/kaku_she

「カナダを伝える会」

1カ月ほど前にカナダにゆかりのある翻訳者さんを募集して、何人か集まり、7月10日から Note にてカナダの書籍や作家、文化についてメンバーがぼちぼちと発信しています。メンバーも多様です。

先日ユーチューブライブに出演したとき、「カナダ文学の魅力は?」と訊かれたのですが「まだ自分でもよくわからない」と言ってしまいました。そもそもわからないから知りたいという欲求がある。カナダ文学にうっすらと感じていることはあるのですが、まだ読書量が足りないので思いつきで発言をするのもな……とも思ったのでした。

「カナダを伝える会」をやろうと思ったとき、何が「カナダっぽいのか」は一人の人間が説明するより、複数の人が「これがカナダっぽい」と発言したほうが面白いのではと考えました。そのほうが複眼的なので、読者側も情報を押し付けられているというよりは、「そうかもね~」と気軽に感じたり(あるいは「それは違う」とか)、「へえ、カナダにはそういうものがあるのか」と思ったり、自由に取捨選択できていいんじゃないかと思います。

カナダに「カナダ語」なるものが存在するわけではなく、カナダ人は英語かフランス語で書いて世に出しているので、第三者が「この人、カナダ人作家だよ」と言わないことにはカナダ作品であることがわかりにくい。SF小説に非常に詳しい人に、「SF小説が盛んなところはどこですか?」と尋ねたら、2番目にカナダが挙がったので、今、カナダのSFに詳しい人いないかな…… と探しています。あとは、アメリカにはアメリカ南部の独特の小説があるように、カナダにもオンタリオ南部の作家の作品群があります。そういうものも、うまく紹介していきたい。

日本でもそうですよね。小説は標準的な日本語で書かれるけれど、小説に地方色はある。

というわけで、Note を時々のぞいてみてください。ツイッターでもつぶやいています(@writersoncanada)。目印はピンクのビーバーです。それから、「やってみたい!」という人がいたら連絡ください。難しいことなど書かなくたっていいんです、自分の言葉で語りたい人なら是非!

Kingston

ここ3週間くらい、諸般の事情で気が狂いそうでした。ふとカレンダーを見ると9月。北国の風と日差しはすっかり秋です。今年の夏はどこにも行っていない! と思い立ち、1泊旅行を決行しました。

行先は、いつかは行ってみよう、でもわざわざそこだけに行きたくない、と思っていたキングストン。トロントから車で2時間半くらいです。実は、コロナで巣ごもり生活が強く奨励されていた時期から、車で1時間以内で行ける範囲をうろついており、キングストンは次の休暇先として射程距離に入っていたのです。

1990年代半ばから2010年あたりまでサンフランシスコベイエリアに住んでいた私は、不動産高騰により、普通の人々が普通に暮らしにくくなり、どんどんと郊外へ引っ越していく様子を目の当たりにしました。今のトロントにはデジャブを感じます。みなさん、どのあたりまで通勤圏を広げてらっしゃるのかしら? と関心をもっていたところへ、コロナで在宅勤務し放題になり、ますます私の郊外探検に拍車がかかります。

ここのところ、仕事で様々な国の「帝国」の歴史を調べている私にとって、キングストンは非常に興味深い場所でした。植民地時代のカナダにとり、その水路が戦略的に重要だったのです。いろんな要塞の説明書きを読みながら歩いていると、「アメリカのオレゴンのあたりで領土問題が発生し、アメリカとカナダ(とそれに関係した外国勢)が争い、キングストンは戦略的に重要な役割を果たした…」というようなことが書いてありました。東海岸にあるキングストンがなぜ? と思ってしまいますが、飛行機がなかった時代のこと…… 興味深い……

カナダは植民地だったわけですが、白人入植者がほとんどだったので、今もイギリスとのつながりを誇りに思う人々が多くいます(ケベック州は違うけれど、それとて植民地時代の名残であのようなフランス語圏がある)。

というわけで、キングストンに行く途中、「英米戦争」でイギリス帝国側について戦ったことを今でも自慢に思っている小さな町を偶然通過しました。不思議なのは、その町にはたくさんはためいているユニオンジャックが、アイルランドのバッテンが入っていない、古いユニオンジャックなのです。あえて、古いものを揃えているというのは何か理由があるってことですが、誰に聞くこともなく、通り過ぎました。

イギリスの国旗についてはこちら