Kingston

ここ3週間くらい、諸般の事情で気が狂いそうでした。ふとカレンダーを見ると9月。北国の風と日差しはすっかり秋です。今年の夏はどこにも行っていない! と思い立ち、1泊旅行を決行しました。

行先は、いつかは行ってみよう、でもわざわざそこだけに行きたくない、と思っていたキングストン。トロントから車で2時間半くらいです。実は、コロナで巣ごもり生活が強く奨励されていた時期から、車で1時間以内で行ける範囲をうろついており、キングストンは次の休暇先として射程距離に入っていたのです。

1990年代半ばから2010年あたりまでサンフランシスコベイエリアに住んでいた私は、不動産高騰により、普通の人々が普通に暮らしにくくなり、どんどんと郊外へ引っ越していく様子を目の当たりにしました。今のトロントにはデジャブを感じます。みなさん、どのあたりまで通勤圏を広げてらっしゃるのかしら? と関心をもっていたところへ、コロナで在宅勤務し放題になり、ますます私の郊外探検に拍車がかかります。

ここのところ、仕事で様々な国の「帝国」の歴史を調べている私にとって、キングストンは非常に興味深い場所でした。植民地時代のカナダにとり、その水路が戦略的に重要だったのです。いろんな要塞の説明書きを読みながら歩いていると、「アメリカのオレゴンのあたりで領土問題が発生し、アメリカとカナダ(とそれに関係した外国勢)が争い、キングストンは戦略的に重要な役割を果たした…」というようなことが書いてありました。東海岸にあるキングストンがなぜ? と思ってしまいますが、飛行機がなかった時代のこと…… 興味深い……

カナダは植民地だったわけですが、白人入植者がほとんどだったので、今もイギリスとのつながりを誇りに思う人々が多くいます(ケベック州は違うけれど、それとて植民地時代の名残であのようなフランス語圏がある)。

というわけで、キングストンに行く途中、「英米戦争」でイギリス帝国側について戦ったことを今でも自慢に思っている小さな町を偶然通過しました。不思議なのは、その町にはたくさんはためいているユニオンジャックが、アイルランドのバッテンが入っていない、古いユニオンジャックなのです。あえて、古いものを揃えているというのは何か理由があるってことですが、誰に聞くこともなく、通り過ぎました。

イギリスの国旗についてはこちら

Shopping Bags

View this post on Instagram

Bags are now available.

A post shared by Kyoko Nitta (@knsbookclub) on

せっかくロゴも作ってもらったことだし…… というわけでエコバッグを作ってみた。

7月に旅行の計画を立てたのに、仕事で忙しくなることが確定し、キャンセルしたらお金が戻ってきた。じゃあ、そのお金で何をするか。もちろん、買いたいミニチュアは山のようにブックマークされているけれど、なんかこう、地元ビジネスに還元したほうがよくない? と思ってしまったのだ。コロナのせいだな、きっと。

バッグのデザイン案を2つ作ってもらい、フェイスブックで友達にどっちがいいかと尋ねたところ、興味深い結果が出た。営業やマーケティングをしている人は間違いなく「目立つほう」がいいと言い(3色刷り)、アート系の仕事をしている人やおしゃれ最先端を行くような人は、もう1つの案(2色刷り)のほうがいいと言い、きっぱり半分に分かれた。どっちの意見にも一理ある。結局、私は何のためにカバンを作るのか、商売のプロモーションのためなのか、自己満のためなのか、よーく考えなければならないな、と思った。

ところが、2色刷りと3色刷りとでは値段が違うことが発覚。カバンの印刷をやってくれるところのウェブサイトは、そういう見積もりが瞬時にできるので、わかりやすい。そういうわけで、「カバンをなぜ作るのか」という根源的な問いに答えるまでもなく、値段で決めた。ただ、「目立つものを作らないと!」とアドバイスしてくれた人々の声が耳に残っていて、ロゴは大きめに印刷することに。

結果的に、布との質感なども含め、とてもよい雰囲気で仕上がってきたので満足。布は薄めで、なかなかのおしゃれ感がある。分厚いコットンだと、どっかの国際会議で配るカバンみたいになっていたかもしれない。あー、危なかった。

ちなみに、その印刷屋さんが流行に敏感なのかどうか、若々しいところなのかどうかは、ツイッターでチェックした。ウェブサイトの作りからして、「若そうだな」とは思っていたけど、念には念を入れて。こういうとき、SNSは本当に役立つね。

バッグはまだ配りきってはいないけど、昔の交友を深める一面もあったりして、お金では買えない経験もできてよかった。

ちなみに、バッグまだまだ売りますよ。興味のある方は連絡ください。Etsyショップもあります。

https://www.etsy.com/listing/853163279/kn-cotton-shopping-bag?ref=shop_home_active_1

You’ve asked for it

4月に撮りためた動画が底をついてきました。まだ何本か撮影はしてあるけど編集してないし、ネタ帳にはネタもいっぱいあるけど撮影してないし…… はい、今回の動画は「身から出た錆」「自業自得」がテーマです。

またしても「Go to Travel」に関して英語警察が出動しています。文法が間違っているとか、英語ネイティブはそんな言い方しないとか…… それより、日本政府が日本国民に向けて発している言葉なのに英語はやめたほうがいいんじゃない? いや、そんなこと言ってないで自分のできる範囲で観光業を助けてあげれば? と思う私です。

この「Go to」で思い出しましたが、私の住むオンタリオ州の車のナンバープレートには「Yours to Discover」と書かれています。「オンタリオ州は君のもの、だけど、オンタリオのどんな魅力を発見するのかは君次第」という意味です。つまり「車であちこちぶらぶら出掛けて行って、自分でいろんな発見してね」というゆるい標語です。「ああ、出かけたい!」と思わせる言葉だと私は思います。

ちなみに、今、私がすごく行きたいところはロンドン(+イギリスのあちこち)です。何回行っても飽きない(シカゴについても同じことを言っていますが)。

SOAKED

トロントでも少しずつビジネスが再開しています。今のところレストランでの食事はパティオのみで許可されています。

遅い昼ごはんを食べようとパティオのあるレストランに行ったら、嵐のような突発的な雨に見舞われ、ずぶ濡れになりました。レストランはソーシャルディスタンスを守らないと営業停止させられるのかも(というか、守ってないと客が来ないだろうし)。レストラン側も「中に入って雨宿りしてってよ!」と言わず、客のほうも「中に入れろ」とごねる人も一人もおらず、客たちが風で吹き飛ばされそうなパラソルを手で押さえている光景に私は笑っていました。

私たちはパラソルの下にはいなかったのですが、突風に吹かれてパラソルから滴り落ちる雨粒の落下点にいたので、「どぼどぼどぼ」という感じで濡れてました。ウェイトレスが申し訳なさそうにタオルを持ってきてくれましたが、むしろこっちが、やっと店が営業再開して稼げるようになったウェイトレスが気の毒になりました。

「今日はくそ暑いから、 シャワーを浴びれて良かったよ」と思ってもないことをウェイトレスに口走ってしまいました。

今、私は仕事で「帝国」についていろいろと調べまくっています。なので、「ダウントンアビー」をもう一度見はじめ、山崎豊子の本(日本帝国の崩壊だね)も読みはじめ、「帝国一色」です。パティオでも、濡れながら帝国のことばかり話していました。

The Decameron

今『デカメロン』を読んでいます。イタリアの古典文学ですから、「ボッカッチョがデカメロンを書いた」という事実だけがよく知られています。ところがどっこい、なんでこんな面白い話今まで読まなかったんだろう! というくらいに面白い。

たとえば、うら若き尼僧が暮らす修道院がある。そこへ、口のきけないふりをした男が庭師としてやって来た。尼僧たちは、口がきけない男なのだから、「いいこと」をしたって誰にも口外しないだろうと男を誘惑する。男は畑より尼僧たちを耕すのに忙しくなる。ついに修道院長までもが男を誘う。修道院長の願いを叶えた男はこう訴えた。「いくらなんでも9人の女性を毎日耕すのは過酷な労働です。故郷に帰らせてください」

日本の古典文学や浮世草子のおもしろさと似ています。恋愛のことしか頭になかった平安時代の貴族が次から次へと変態じみたことをしでかして、それが文才のある人の手にかかると「文学」になる。

新型コロナウィルスのパンデミックをきっかけに、この『デカメロン』を読む人が増えているのだそうです。14世紀、黒死病で人がバタバタと死んでいくなか、「神様に祈っても効き目がない」と悟ったフィレンツェの富裕層の男女10人が、それぞれに面白い話をして時をやりすごします。信仰心や貞操を捨てたわけではないのですが、話の内容はものすごく人間的(欲望、嘘、裏切り、報復などなど)。現世的なもののほうが神様より面白いのです。そしてそこから、ルネッサンス(復興の時代)が生まれたので、ポストコロナに関心を持つ人たちのなかで読まれているようです。

日本語版はいろいろありますが、私が読んでいるのは平川祐弘訳。河出文庫から出ている電子版です。訳注もおもしろく、日本語訳の苦労がうかがわれます。日本では戦前、この小説は発禁だったのですが戦後になると解放されたのも、パンデミックレベルの大事件が起きると世の中がごろっと一転することの証かもしれません。