House of Gucci & West Side Story

あちこちで感想をしゃべり散らかしているから忘備録。

『House of Gucci』は、本物と偽物について考えさせられる映画だった。グッチ家に嫁に入ったパトリツィアは、もちろんグッチ家の血は引いていない。グッチ家の人々が偽物のバッグが出回ろうと気にしないのを見て、彼女は憤る。グッチ家の誰よりも商売を案じ、グッチの価値が下がることを嫌っているかのように。「あれはお金に目が眩んでグッチ家を引っ掻き回しただけだ」と思う人もいるだろうけど、どうもそれだけではなさそう。

それに、パトリツィアには男性を通じて自己実現を図ろうとするところがある。それは世代や、生まれ育った環境のせいかもしれない。夫マウリツィオに愛想をつかされても、執拗に追いかけて振り向かせようとする。「こんなことをして恥ずかしくないのか」と言われている彼女を見て、私は悲しかった。パトリツィアは、自分が本当にやりたいことなど考えたこともない人なのではないか。彼女は離婚により、本当に「かつてグッチ家にいた、本物じゃないグッチ」になってしまった。映画では、グッチ家の中にも胡散臭い人たちはいた。しかし、彼らは何をしようと、正真正銘のグッチ家の人だった。

最後に彗星のごとく現れたトム・フォードに、ブランドとしてのグッチが救われると、「本物って何だろう」と思わずにはいられなかった。

ところで、ジャレッド・レトがデブハゲを演じたことがプチ炎上していたらしい。本物のデブハゲにあの役を演じさせろ!ということだったようだが、ここでも「本物と偽物」が問題になるのかと、私は正直驚いた。本物のデブで、あの役に合いそうな人はポール・ウォルター・ハウザーぐらいしか思いつかない。役作りのために太る役者はたくさんいる。クリスチャン・ベールとか、レネー・ゼルウィガーとか。

スピルバーグ版の『West Side Story』は、特に予習もせず、「こういうのは大画面で見なければ」と映画館に行った。61年版のミュージカル映画が好きなので、「どんなもんなのかしら?」と楽しみにしていた。まずは、スピルバーグ版には、ドーラン塗ってプエルトリコ人役をやっている人はいなかった。映画の中で、プエルトリコ人たちはがんがんにスペイン語を話し、字幕に英語は出てこない。英語を話すときも、強いスペイン語訛りで話す。私は英語圏に住みながら、外で日本語をがんがんに話すことも多いので、プエルトリコ人たちがスペイン語で話していても全然気にならない。しかし、映画を観ながら、あれを快く思わない人たちが怒りをあらわにすると、揉め事に発展するのだなという思いを新たにした。話し言葉は「耳につく」ものだけに、嫌悪感も激しくなるのかもしれない。

今、ウクライナ侵攻のせいで、暴力と経済による「制裁」が盛んに報道されているけれど、世の中には「言葉」つまり文化による制裁もある。こちらは日常的に起きるから、自分の居住地の公用語はできるかぎり訛らずに話せたほうが、自己防衛になる。でも、言葉の習得は祖国の文化を守ることと背中合わせなので、バランスをとるのが難しい。世の中がぎすぎすしてくると、なお難しくなる。

マリアが恋人になる彼の名を「アントーニオ?」とスペイン語風に発音して、「いや、アントンだよ」と言われているのがかわいかった。また、マリアとトニーの外見が全然違うので、「人種を超えた愛」が視覚的にパッと理解できるのもよかった。ドーラン塗ってごまかしてるけど、実は白人同士ってのじゃ、ちょっと説得力に欠けるもんね…… 結局どっちのウエストサイドストーリーがいいのかは決められない。今のところ、どっちも同じくらいに好きだな。