SOAKED

トロントでも少しずつビジネスが再開しています。今のところレストランでの食事はパティオのみで許可されています。

遅い昼ごはんを食べようとパティオのあるレストランに行ったら、嵐のような突発的な雨に見舞われ、ずぶ濡れになりました。レストランはソーシャルディスタンスを守らないと営業停止させられるのかも(というか、守ってないと客が来ないだろうし)。レストラン側も「中に入って雨宿りしてってよ!」と言わず、客のほうも「中に入れろ」とごねる人も一人もおらず、客たちが風で吹き飛ばされそうなパラソルを手で押さえている光景に私は笑っていました。

私たちはパラソルの下にはいなかったのですが、突風に吹かれてパラソルから滴り落ちる雨粒の落下点にいたので、「どぼどぼどぼ」という感じで濡れてました。ウェイトレスが申し訳なさそうにタオルを持ってきてくれましたが、むしろこっちが、やっと店が営業再開して稼げるようになったウェイトレスが気の毒になりました。

「今日はくそ暑いから、 シャワーを浴びれて良かったよ」と思ってもないことをウェイトレスに口走ってしまいました。

今、私は仕事で「帝国」についていろいろと調べまくっています。なので、「ダウントンアビー」をもう一度見はじめ、山崎豊子の本(日本帝国の崩壊だね)も読みはじめ、「帝国一色」です。パティオでも、濡れながら帝国のことばかり話していました。