海外文学

ブログを1週間連続で書くと決めて、今日が5日目。あと2日。今日はちょっと真面目に。

「どんな翻訳書が売れるのか、売りたいのか 2023」という朝日カルチャーの講座を配信で観た。翻訳家の越前敏弥さんと、京都のCAVA BOOKSの宮迫憲彦(フィルムアート社の営業さんでもある)の対談。

CAVA BOOKSのある出町商店街の入り口付近に昔住んでいたこともあるし、フィルムアート社からは4冊訳書を出しているしで、勝手に親近感を持っていて、この対談を楽しみにしていた。内容は勉強になったし、これまでに人から聞いていた話と一致していたので、やっぱりな……という気持ちもあった。

まだ1冊しか作れていないけれど、私もイラストレーターの友人と組んで同人誌を紙版と電子版で出してみて、考えていることはいろいろある。自己実現の欲求は満たせたものの、「販売」と「継続」は難しい。しかも私たちは海外にいながらの日本語の同人誌なので、商売と物流に関しては勉強しなければならない。それに時間を割きたいのかどうかが自分でもわからない。時々、「あ、こうすればいいんじゃ?」とアイデアがひらめいても、実行に移す時間がないから。

若い読者への期待ということで、私は親戚の10歳未満のちびっこたちに、海外児童書をせっせと送りつけている。10歳までは偏見がなく、吸収力がすごいらしい。どうやら、本は好きなようで、送ったものは読んでくれるので、どんどんと送っている。これが大人だと、カタカナ表記の外国人の名前が覚えられないだの、外国文化がわからないだの、文章が翻訳調だのと言われてしまうので、やっぱり頼みはちびっ子たちだなと心から思う。

本を読む人が減ると、自分が困るから、ブログに本の感想を書いたり、書評講座や読書会を開いたりと、一応本の紹介はしているつもり。SNSでさらっと情報を知りたい知人に「ブログだとさらにまた1クリックして読みに行くのがめんどうくさい」と言われたので、最近は自分のインスタとFBにも本の短い感想と写真を載せている。そう言われてから、どこに何を載せるのか、どれくらいの長さで書くのかは意識するようになった。

ポッドキャストでも、なるべく本にまつわる話をしようと思っている。本を読んで、友だちと感想を言い合うのって、けっこう楽しいしね。

今日のハイライト

映画『ザリガニが鳴くところ』を少し前に見て、沼つながりということで、リー・ダニエルズの『ペーパーボーイ』を観た。『ザリガニが鳴くところ』はこぎれいに仕上がっているので、「沼生活もあり」と思ってしまうけど、『ペーパーボーイ』は「いやぁ、沼地だけは勘弁して!」って感じ。ノースカロライナの湿地帯とルイジアナの湿地帯とでは生えている植物も違うから、ルイジアナのほうが鬱蒼としてて怖いってのもあるな。あと、話も複雑でグロすぎて、いまいちだった。

一度だけ、1994年の夏に、ルイジアナの沼地ツアーに参加したことがある。確かにきれいで幻想的で、沼地に代々住む人たちも見かけた。沼にはワニやヘビがいっぱいいるのに、平気でザブン!と飛び込む姿を見て、「文化が違いすぎる!!」とモンクの叫びのように驚愕したのを今もよく覚えている。あと、沼地に住む人の話す英語!全然わからなかった。

第三回翻訳者のための書評講座、終了

12月3日、豊崎由美さんを講師にお迎えし、書評講座を開きました。講座と懇親会で、今回も濃密な5時間を過ごしました。毎回、ホントにすごいです。

課題書は次の2冊か、自由選択でした:

喜べ、幸いなる魂よ(佐藤亜紀、角川書店)

フランキスシュタイン(ジャネット・ウィンターソン著、木原善彦訳、河出書房新社)

・自由選択(海外文学で邦訳が出ているものなら、文字通り何でも)

「自由選択」という選択肢が増えたことにより、今回は文学だけでなく、詩集、ノンフィクション、シリーズ作品、ブックデザインに凝った本など、紹介する本の幅が広がりました。その分、豊崎さんから伝授されることも増え、メモをとる量が半端なかったです。

そして豊崎さんが書かれた書評にも受講者からするどい批評コメント! 講師と受講者の間の垣根がほとんどありません。

この書評講座に関心を持っている人も多いだろうということで、一夜明け、ツイッターのスペースで受講者4人で座談会を開きました。これでなんとなく、講座でどんなことをしているのか、雰囲気が掴めていただけたのではないかと思います。

この講座に関して、4人で話しているうちに新しいアイデアなども浮かび、これから先が楽しみです。書評でこんなに楽しめるなんて思いもしませんでした。

今回の書評王は五十嵐真希さん。『引き出しに夕方をしまっておいた』(ハン・ガン著、きむ・ふな、斎藤真理子訳、クオン社)という詩集の書評で、実にすばらしかったです。

前回同様、note に講評後に書き直した書評を徐々に載せていきます(強制ではないので、書きたい人だけですが)。

4回目もやるぞー!

読書会8 – ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ

先月はコロンビアの小説だったけど、今月はスペインで、キルメン・ウリベの『ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ』(金子奈美訳)。といっても、もとはバスク語で書かれた小説。

私はバスク語もバスク文化も知らない。かろうじて、「この辺がバスク地方」と地図で指させるのと、フランコ政権による弾圧の歴史があって、独立を目指す過激グループがいたことを知っている程度の知識しかない。

でもそんな予備知識は不要かも。バスク地方に生まれた主人公(つまり作者)は、バスクの大きくて重い歴史など背負っていない。主人公は、バスク人なのになぜかフランコ側についていた祖父のことを知ろうとするが、過去を遡っている間に、いろんな人から聞いた思い出話を断片的に、芋づる式に次から次へとひっぱってくる。いたって個人的な語りは、「結局何の話が始まるのかな?」とこちらが不安になるほどだ。ただ、ひとつひとつの思い出話に余白があって、妙に興味深く、グーグルマップでうんと拡大しないと見えないような、小さな島々の話も出てくる(セントギルダ島やロッコール島。ロッコール島なんて岩だもんね)。そういう世間には無視されがちな話を、主人公はニューヨーク行の飛行機の中で振り返る。

読みはじめて3分の1くらいまでは、フェデリコ・フェリーニの『8 1/2』みたいな話なんだろうか?と思って読んでいた(映画の構想を練りたいけどアイデアが浮かばないって話)。登場人物がやたらと多く、あとで重要になるかもしれないからメモっとこ…… なんて努力は途中でやめた。「なぜそんなにディテールをがっつりと掴みにいこうとするんだ? もっとリラックスして読めば?」と自分に注意を促すほどだった。

「面白いかも?」と思いはじめたのは、半分をすぎてから。誰かの心をえぐって見せるような書き方でないのが心地よい。たまたまバスクに生まれた男の人が、自分の系譜をさかのぼりたい気持ちが、中年の私にはちょっとわかる。もしかしたら、自分の居場所の確認なのかも、とも思った。

それと同時に、こういう少数言語を操る人々やその人たちの文化を「底上げしてくれる場所」として、ニューヨーク・シティが登場するので、やっぱりニューヨークを見直した。

しょっぱなから、ぐいぐいと読者(あるいは視聴者)の興味をひきつけるものが多いなか、感情がじわじわとあとから押し寄せる書き方が好きになった。でもそれは、読書会でメンバーの感想を聞いて、そう思えたところも大きい。読書体験を後押ししてくれる読書会や書評ってのは重要だと思った。

にしても、明確な起承転結はないから、ストーリーにぐっと引き込まれたい人には向かない小説かも。

翻訳者のための書評講座(第3回目)のご案内

3回目も豊崎由美さんを講師にお迎えして開催します。

日時:12月3日(土)日本時間13:00開始

場所:Zoom(録画します)

所要時間:2時間(このあと懇親会が続きます)

受講費:1500円

人数:30名まで(うち先着12名の書評または訳者解説を講評&合評。残りの18名は採点と合評からの参加)

先着12名の枠は、残りわずかとなりました。書評を書くところからのフル参加ご希望の方は、お早めにお申し込みください。また、採点と合評から参加する約15名も募集しています(もちろん個人的に書評を書いていただいてもかまいませんが、当日講評と合評はされません。グループのnoteでの発表はできます!)

申し込み方法:knsbookclub@kyokonitta またはツイッターの @kyonittaにDMをお送りください。

課題書:

喜べ、幸いなる魂よ(佐藤亜紀、角川書店)

フランキスシュタイン(ジャネット・ウィンターソン著、木原善彦訳、河出書房新社)

・自由選択(海外文学で邦訳が出ているものなら、文字通り何でも)

以上のうちどれを選んでいただいても結構です。2冊選んで書評を書いていただいてもかまいません。

「書評」を書く方は800〜1600字。「訳者解説」のつもりで書いた方は1600〜3200字。自分がどちらにしたか明記してください。また、「書評」を選択した人はどういう媒体に載せるつもりで書いたか、最後に(想定媒体=○○××)と付記してください。字数は厳守です(タイトルは数えない)。

流れ:作品を読んで書評提出 → 採点 → 講評 → 合評 → 懇親会

提出方法:ワードファイルで作成(縦横お好きなように、フォントやサイズは適当)。無記名でお願いします。

提出日:11月13日(日)(海外在住者は、ご自分のタイムゾーンの11月13日で)。knsbookclub@gmail.com宛に送ってください。
提出作品をこちらでまとめます。11月20日(日)までに12点の書評の採点をお願いします。申し込みをしていただいたときに、この「採点」の説明をします。

また、いったんお支払いいただいた受講料は、受講者の都合でキャンセルした場合、お戻しすることができません。講座は録画しますので、その録画をご覧いただくことになります。

講座のあとで書き直しを発表する場を note に用意しています。こちらは自由参加です。

【余談:ロゴの由来】なぜ鍋なのか?

書評講座初期メンバーで note のグループ名を考えました。海外文学と一口にいっても、いろいろな国の文学作品があり、内容も実に多様。講師の豊崎さんに「書評を書くにあたり、いろんな視点があっていいんですよ」と教わったのもあって、書評鍋、海外文学鍋など、鍋系の名前がたくさん候補にあがりました。投票の結果、BOOKPOT (ブックポット)に決定。メンバーのおひとりに上のロゴを作ってもらいました。

というわけで、豊崎さんの講評のあと、互いのアプローチの違いを尊重しつつ、活発な合評が繰り広げられますので、みなさんお楽しみに!

読書会7 – 雌犬

今月はラテンアメリカ文学。コロンビアの作家、ピラール・キンタナの『雌犬』です。村岡直子訳。タイトルと表紙が既に不穏じゃないですか? 決してかわいいワンコの話ではありません。

主人公ダマリスは子どもに恵まれないまま、妊娠可能期の後半にさしかかっている。そこへ、生後まもない雌の子犬を引き取り、溺愛して育てる。その犬には、もし自分に子どもが生まれたら付けたいと思っていた名前を付ける。でも子どもが欲しくてたまらない自分の気持ちを人に気づかれるのが嫌で、人前ではその犬を「雌犬」と呼んでいる。ある日、その犬が逃亡し……

……という話なのですが、舞台はコロンビアの太平洋沿岸のジャングルを背にした崖の上。崖下には閉塞的で、逃げ場のない貧村。現代的な医療よりも呪術がまかりとおっているようなところだから、人間の不妊治療も、犬の避妊手術もない。そういう土地で、母性、母と子の関係性、女であることの意味、自然の暴力性を読者に考えさせるような作りになっています。

短い小説だから、これ以上のことはネタバレになって書けないけれど、テーマは何かと聞かれたら、「妬み」と答えるでしょう。妬みを人に気づかれないように隠すこと。読書会では、この「妬み」について、脱線しつつ、いつもより長めに話し合いました。あとがきに書かれている、ピラール・キンタナの人生もワイルドです。

とても短い小説で、平明な文章で書かれ、外国の知識もあまり必要としないので、海外文学をいちど読んでみたいと思っている人にはとっつきやすいかもしれません。

ところで、私は電子書籍でこれを読んだのですが、「紙版の裏表紙のデザインが意味深」と聞いたので、紙版を持っている人に裏表紙を見せてもらいました。表と裏を合わせて意味を持つという、すばらしいデザインじゃないですか! 電子版にも入れてほしかった!