読書会5 – 雨の島

今回はYAを離れ、大人の小説。台湾の有名な作家、呉明益の『雨の島』を読んだ。

台湾は何回か行ったことがあるぞ! と本を開いてみると、私は台湾のことなんて、これっぽっちも知らないことに気づかされた。私は「台湾=台北」のイメージしか持っていなかった。登場人物も台湾の原住民族。そういえば、昔台湾で仕事をしていた妹が、「台南のほうは全然ちがうよ」と言っていた、と今頃思い出した。

『雨の島』は近未来の話なのに、どこか懐かしい気持ちになる。思わずエドワード・ヤンの映画が目に浮かぶ。わかりますかね、このたとえ……

台湾に生えている植物や鳥の名前など、知らない固有名詞が次々と出てくる、細かい自然描写。そして、その自然がSFとうまくマッチしている不思議さ。現実と幻想の世界を行ったり来たりしても違和感を感じない。それに、登場人物には外国とのつながりがあることが多く、小さな島国の話なのに、空間が広がってるみたいにも感じる。

6つ収録されている短編のなかでは、2番目の短編がいちばん好きだった。読書会のみんなも、これが好きだと言っていた。いちばんわかりやすい、ってのもある。

気になったのは、アンドロイドクロマグロ。これについては、いろいろと話すことが多く、環境問題、AIの将来へと話は広がり、呉明益のわなに完全にはまっている気がした。アンドロイドクロマグロの短編は、ちょっと『白鯨』っぽい雰囲気もあって、こちらも好きだな。

呉明益の作品は、いっぱい積読しているから、この夏にいろいろと読もう!

読書会4 – 秘密の花園&私のこまどり

今回はバーネットの『秘密の花園』+『私のこまどり』が課題書。Kindle Unlimitedで光文社古典新訳文庫の土屋京子さんの新訳を読みました。

少年ディコンたちが話す「ヨークシャー訛り」の翻訳が、地方に暮らす人々への敬意にあふれていると意見が一致。こういうのって、新訳を読むときの醍醐味です。土屋さんは中部地方の出身なので、私は「名古屋弁がベースになっているのでは?」と思いましたが、読者によってどこの方言を思い起こすかは違うみたい。

今、『秘密の花園』のような、植民地主義時代が背景になっている作品を読むと、貴族の「常識」にびっくりさせられます。そういう過去は、なるべく打ち消さずに、「解説」や「あとがき」で現代の批評家が説明すればよいと私は思う派です。光文社の古典新訳は、解説やあとがきがすばらしいと思います。

文庫解説については、斎藤美奈子の『文庫解説ワンダーランド』を読むと、解説者の腕の見せ所がとてもよくわかります。おすすめです。

私はディコンの動物と話せる能力、自然からいろいろなことを読み取れる能力に関心を持ちました。彼が牧童だからなだけではなくて、魔力のようなものを秘めていると思い、ちょっと聖フランシスコを思い出しました(動物の守護神なので、よく絵画などで動物たちを引き連れている)。ツイッターのスペースでこれについて話していたら、リスナーさんに、「むしろムツゴロウさんを思い出す」と言われました。

西洋と東洋では動物に対する考え方が違いますよね。あらゆるものに霊が宿ると考える東洋では、自分も動物と同じになって相手をベロベロなめるムツゴロウがいて、西洋だと動物を守ってあげる聖人がいる、という違いかも?と読書会のメンバーに教えてもらいました。黒柳徹子が「私は動物と話せる」とよく発言していますが、あれも東洋的なアニミズムのあらわれなのかも。

『私のこまどり』はアマゾンでダウンロードできるものを読みました。なぜバーネットが『秘密の花園』を書くことになったのか、創作秘話的な短い読者への手紙です。同人誌『ほんやく日和』Vol.3に入っている訳を読みたかったのですが、郵便事情のせいでまだ手元に届いてません。残念。

総じて、バーネットはイギリス人なのに、イギリス的なお話をアメリカ人に読ませてヒットさせているところが商売上手という結論にいたりました。

6歳の姪っ子にも『秘密の花園』を送って、読んでもらいました。一日で読んだって!すごい集中力。

次は、YAを離れて、台湾の『雨の島』を読みます。

読書会3 – イグアナの娘

今回は萩尾望都の『イグアナの娘』で読書会。当然、これまでの「毒親」からの流れです。

「毒親」というものを理解するため、河合隼雄の『大人になることのむずかしさ』を読んでいましたが、これがなかなかよかったです。親のほうが「自分は理解のある親だ」(ゆえに「悪いのは子どもだ」と無意識に考える)と強く思い込んでしまうので、親子関係のもつれをなかなかと解けないことがよくあるらしい。

『イグアナの娘』だけでかなり話し込みました。参加者のひとりから、24ページで大きな転換を迎えるという衝撃の意見がぶっこまれ、もうそうとしか読めなくなりました! ゴーレム効果についても教えてもらいました。この読書会までに萩尾望都のことをいろいろと調べたので、他の作品ももうしばらく読み続けたいです。

そういえば、『大人になることのむずかしさ』に、イマジナリー・フレンドといえば!の代表格的な作品として『思い出のマーニー』があげられていたので、まずはジブリ版をネットフリックスで見ました。な、る、ほ、ど。そのうち原作を読もうと思います。

次は、『秘密の花園』+『私のこまどり』。前回『あしながおじさん』で盛り上がったので、改めて古典を深読みしてみたいです。

『私のこまどり』は同人誌『ほんやく日和』のVol.3に新しい訳が入ってると聞いたので、日本の家族に送ってもらっているけど、読書会の日までに届くかなぁ。届かなかったら、別のを読みます。

読書会2 – わたしはイザベル

はぁ…… 世の中はウクライナの戦争一色。いろいろと考えることはありますが、今はただただ自分の日常を守るのみ。

海外YA作品を日本語で読む読書会その2がありました。第1回目は勇み足で3冊も選んでしまい、話し合いきれなかったので、今回は『わたしはイザベル』(原題は『I for Isobel』)1冊のみ。

これもSTAMP BOOKSシリーズの1つで、オーストラリアの作品。1979年に書かれてから10年という長い年月を経て、1989年に出版されたという、時代の先を行っていた小説です。今でいう「毒親」の呪縛から自分を解放する話です。この小説が書かれた頃は「毒親」という言葉もなかったから、親という権力者を否定する小説は社会が認めなかったのかもしれません。

頭が良く、創造力と文才に恵まれた主人公は、幼い頃から才能の芽を母親にことごとく摘み取られてしまう。そのせいなのか他人とうまく関われない。母親から解放され、自立するようになってから、山あり谷ありの道を歩むのですが、そのぎこちなさといったら! 途中イマジナリー・フレンドを作ったり、実際に自分を肯定してくれる人々と出会ったりしながら、少しずつ自分を取り戻していきます。

「毒親」から解放された主人公に安堵を感じ、応援せずにはいられませんでしたが、私にとっての伏兵は「ストーカー行為」を吹っきった別の登場人物でした。毒親と同じく、執念も払拭するのは相当難しい。

この本を読んで勇気を与えられた人は結構いたんじゃないのかな……と言いかけたら、日本では萩尾望都がまったく同じテーマで『イグアナの娘』を書いている! と読書会仲間が言い出し、次回は、この流れで『イグアナの娘』をお題にすることになりました。

自分一人で読んでいたら、まったく気に留めなかっただろう詳細に、注意を喚起されました。一冊をこんなにじっくり味わえるなんて!!と感謝しながらの読書会でした。

読書会1 – あしながおじさん、影との戦い、飛び込み台の女王

4人だけで海外YA作品を日本語で読む読書会をしました。そもそもYAって何なのでしょうね。北米のチェーンの本屋さんに行くと、「YAコーナー」が必ずあって、すごくいっぱい本が並んでいるのと、表紙デザインでなんとなくわかるんですが…… そういう問題ではなくて、もっと根源的な問いなのですが。

今回は、『あしながおじさん』(どの版を読んでもいい)、『飛び込み台の女王』、『ゲド戦記1:影との戦い』の3冊。

少人数の読書会っていいですね。30人くらい集まる読書会だと、だまって聞いていることが多いし、安心して何でも話せるというわけにはいかないですから。

今回は、意外にも『あしながおじさん』について話し込んでしまいました。大人になってから読むと、こうも面白いものなのかと。源氏物語の若紫的な話に行くかと思いきや、最初から最後までジュディの書く手紙だけなので、「ジュディはどこまで確信的だったのか(今風に言うと、もっていたのか)」という一点に時間をかなり割いたような気がします。

『飛び込み台の女王』は、飛び込みという競技と、登場人物の父親の死がからんでいるのでダークなのですが、いい映画になりそうな話でした。ロシア系移民の家族が登場するのですが、そのお母さんが「馬には足が4本あるのに、それでもつまづくことがある」というロシアのことわざを何度も言うのです(笑)。

『影との戦い』は、いつまでも話せそうなほど、話したいことはあったのですが、『あしながおじさん』に熱弁を振るったせいで、燃料切れ。このあと、ゲド戦記2を読み進めようと思ったのですが、ル=グィンが80代のときに書いていたエッセイを今読んでいます。『影との戦い』を書いたときから、一徹しているところがあるな、と思いながら……

来月は、『わたしはイザベル』。岩波のスタンプブックスシリーズの装丁がとてもかわいく、紙版で集めたいけれど、やっぱり海外にいると電子書籍になってしまうのが残念。

最近、私が余暇にYA小説をよく読んでいるのには理由があります。小学校1年生の姪っ子がわりと本好きで、その子がどんなものを読むのかなと気になるからです。時々本(児童書)を送ると、「漢字がいっぱいすぎる」と言ったりします。そういう本は読めないらしいけど、ちょっと大人扱いされて、うれしいみたい。