Blog

She-Kaku vol. 1 『クリスマスの伝言』発売中

She-Kakuの記念すべき第1号が日本で発売されています。こちらのサイトから購入いただけます。

https://kivisoap.stores.jp/items/618c60cb1bfe1924973837bb

姪がこのkivi soapという石けんを作っていて、そのサイトに間借りさせてもらってます。日本では彼女のクリスマス石けんとセットしても販売します。

数はたくさん用意できないようなので、イベントで売り切れてしまうかもしれません。冊子を単体でお買い上げいただく分には問題ないです。

他にも、三重県内のカフェなどに置いてもらっています。

こちら以外にももう一件、近々……

日本では三重県内でのみ、直接手に取ってもうらうことができます。「うちのお店に置いてもいいよ」なんて思ってくださったら、ツイッターのDMでご連絡ください(https://twitter.com/kaku_she)。

ネットでの購入をお考えの人は、「中身をもっと知りたい」ですよね。表紙裏はこんな感じ。なるべくいろんな年齢の人が読めるよう、漢字は少なめ。それでも、外国文化を知ったり、人の名前を覚えたりするチャレンジはあるので、楽しいと思います。表紙を入れて32ページしかないので、ちょっと厚めのクリスマスカードにもなります。手作りのクッキーに添えるのも、いいかも。

etsyショップにも出すつもりなのですが、コロナ禍のせいで日本から荷物の到着が遅れてます。

She-Kaku:四角い冊子

このたび、グラフィックデザイナーの友人とユニットを組んで、CDサイズの冊子を作りました。すごく楽しかったので、今後も続けていくつもりです。

冊子は真四角なので、私たちのユニット名は「She-Kaku」。「She」は女二人でやっていて、ひとりが文章担当(書く)、もうひとりがイラスト担当(描く)だからです。

基本、著作権切れの作品を翻訳して、それに絵を付ける方向で行こうと思います。でも、コンセプトから離れることもありそうです。ツイッターでときどきつぶやいているので、のぞいてみてください。https://twitter.com/kaku_she

今回は『赤毛のアン』の作者ルーシー・モード・モンゴメリが『赤毛のアン』を発表する以前に書いた短編を訳しました。クリスマスの話です。『クリスマスの伝言』とタイトルを付けました。逐語訳ではないけれど、原文のスピリットは伝えてるっていう訳です。

この短編は本当に短いのに、登場人物がめちゃくちゃ多いんです! なのに、各登場人物の性格や雰囲気がぱっと想像できてしまう。モンゴメリ、すごい!と思いました。いろんな「すれ違い」が起きるのですが、最後にほっこりする話です。

She-Kakuのふたりは、この冊子を作っているあいだ、ネットフリックスで『アンという名の少女』を見て研究しました。アンの生活にはいろんなお菓子が登場します。この『クリスマスの伝言』もそうです。文章では伝えきれない、カナダの古いお菓子の数々をオリジナルのイラストで楽しんでもらえればうれしいです。もちろん、表紙や表紙裏もオリジナル。水彩画っぽい絵なので、紙は画用紙っぽい、やさしい感じのものを選びました。イラストやデザインのことは、私にはまったくわからないので、ユニットを組んでほんとによかったと思いました。

この冊子は小さいので、厚めのクリスマスカードにもなります。小説なんて普段読まない人でも読める長さだし、「人の心」を大切にするお話なので、贈り物にぴったり!

日本では、とてもすてきな手作り石けんとセット、あるいは単体で販売します。カナダにお住いの方もご連絡いただければ用意はできるかな。

この冊子を自分のお店に置きたい!なんて方がいらっしゃれば、ツイッターのDMからご連絡ください。お待ちしております。https://twitter.com/kaku_she

もしかしたら行けるかも?

アメリカとカナダの国境の陸路の行き来が緩和されるというニュースが届き、ほう? もしかして1月にはもっといろんなことが緩和されて、ワクチン接種証明だけでニューヨークに行けるんじゃ? と希望の光が見えてきました。

が、アメリカではアストラゼネカとmRNAの混合接種は認めていないので、この組み合わせの人のワクチン証明をアメリカが認めないことにはどーのこーの、という記事も読みました。ちくしょー! ドキドキするじゃないか!

というわけで、先日、ニューヨーク行きをあきらめたと言いましたが撤回します。希望をもって、ホテルもキャンセルしないで様子見します。待ってろよ、ヒュー・ジャックマン! いや、ミュージカルよりも友だちとの再会のほうが楽しみになっている今日この頃です。

The Handmaid’s Tale

週末にクラブハウスで、ドラマ版の『The Handmaid’s Tale』について語り合いました。とても楽しかった。この日のために、夜な夜なまとめ観をしていましたが、残すところあと3話で、話し合いに突入しました。内容が重く、咀嚼しなければならないセリフや情報も多いので、一気に観るのはきつかったです。

シーズン1と2はすばらしいのですが、シーズン3にもなると、あっちこっちでサバイバルゲームのようになり、ご都合主義な感じも出てくるのですが、それはそれ。

あと、カナダがやたらとよい国のように描かれているのですが、最後のほうで、カナダにもギリアデ支持勢力がいることが描かれていて、やや安心。そして、彼らがプラカードをもって、フォーターフォード夫妻を支援したり、贈り物をしたりして、一種の「ファンダム」を築いていることをほほえましくすら思ってしまいました。私は反ギリアデですけどね。

余談ですが、このドラマを見まくっているあいだ、秋篠宮家の家族写真をネットで目にしました。なんと、女性陣がみな青いスーツを着ていて、「ギリアデ?」と思ってしまいました。宮内庁の人は『侍女の物語』を踏まえて、あのカラーコーディネートをしたのでしょうか……(?)日本だと、そこまで『The Handmaid’s Tale』が認知されていないんですかね。

次は何見ようかなと、「見たいドラマ&映画マイリスト」を見たら、リストがめちゃくちゃ長くなっていて呆然。とりあえず、Netflixの『アンという名の少女』を見てます。1985年版のドラマが好きだったのですが、やっぱり、同じ原作でも、映像や切り口が進化していますな!!

↓これ、1985年版