夢記録

変な夢見たから書いておこう。

サンフランシスコに遊びにいって、ホテルに戻るためにライドシェアを呼び出そうと思ったら、スマホが見当たらない。歩いて帰るには距離があるし、ちょっと治安の悪いところだったので、やっぱりライドシェアかタクシーだなと…… でもタクシーは流れていない。そうだよね、こんなにライドシェアが流行ってるんだもの…… そうだ、バス停に行けば、誰か人がいて、その人のスマホを借りて、ライドシェアを呼び出せるかも(この発想がいかにも夢)。

バス停に行くと、親切そうなフィリピン系のカップルがいて、事情を話したら、スマホを貸してくれると言う。ライドシェアを呼べば、その人たちのクレジットカードに請求されるから、「現金を今渡しますね」と言って財布を開くわたし。

財布の中には5ドル札一枚、50ドル札一枚。50ドルもかからない距離のはずだけど、50ドルを渡すしかないから渡す。

「いや、それじゃもらいすぎだから」と言って、フィリピン人の男の人は自分の財布やポケットから現金をかき集めるが、10ドルにもならない。それをわたしに手渡す。

すると、バスが来てしまい、そのカップルは「あ、バスが来た。ごめんねー!」と言い残し、わたしの50ドルを持って行ってしまった。結局、スマホは使わせてもらえずじまい。

「これじゃ、ホテルに帰れない!」と仕方なく歩き出す。スマホがないから、ますます治安の悪そうなところに行ってしまう。注射器が落ちてるようなところ。高速道路の乗り口みたいな場末なところで困り果てていると、どこからともなく、くねくねと妙な踊りをしながら黒人の男が近づいてくる。ホームレスっぽい。両手を広げ、ブレークダンスの動きのようだけど、もうちょっとなめらかでひらひらした感じの動きをしながら…… 目はわたしをじっと見ている。

そこで目が覚めた。

起きてから、夢でなくとも旅先でスマホ忘れるくらいのことはやってしまう人間なので、一種のイメージトレーニングのような気がした。

She-Kaku vol. 1 『クリスマスの伝言』発売中

She-Kakuの記念すべき第1号が日本で発売されています。こちらのサイトから購入いただけます。

https://kivisoap.stores.jp/items/618c60cb1bfe1924973837bb

姪がこのkivi soapという石けんを作っていて、そのサイトに間借りさせてもらってます。日本では彼女のクリスマス石けんとセットしても販売します。

数はたくさん用意できないようなので、イベントで売り切れてしまうかもしれません。冊子を単体でお買い上げいただく分には問題ないです。

他にも、三重県内のカフェなどに置いてもらっています。

こちら以外にももう一件、近々……

日本では三重県内でのみ、直接手に取ってもうらうことができます。「うちのお店に置いてもいいよ」なんて思ってくださったら、ツイッターのDMでご連絡ください(https://twitter.com/kaku_she)。

ネットでの購入をお考えの人は、「中身をもっと知りたい」ですよね。表紙裏はこんな感じ。なるべくいろんな年齢の人が読めるよう、漢字は少なめ。それでも、外国文化を知ったり、人の名前を覚えたりするチャレンジはあるので、楽しいと思います。表紙を入れて32ページしかないので、ちょっと厚めのクリスマスカードにもなります。手作りのクッキーに添えるのも、いいかも。

etsyショップにも出すつもりなのですが、コロナ禍のせいで日本から荷物の到着が遅れてます。

She-Kaku:四角い冊子

このたび、グラフィックデザイナーの友人とユニットを組んで、CDサイズの冊子を作りました。すごく楽しかったので、今後も続けていくつもりです。

冊子は真四角なので、私たちのユニット名は「She-Kaku」。「She」は女二人でやっていて、ひとりが文章担当(書く)、もうひとりがイラスト担当(描く)だからです。

基本、著作権切れの作品を翻訳して、それに絵を付ける方向で行こうと思います。でも、コンセプトから離れることもありそうです。ツイッターでときどきつぶやいているので、のぞいてみてください。https://twitter.com/kaku_she

今回は『赤毛のアン』の作者ルーシー・モード・モンゴメリが『赤毛のアン』を発表する以前に書いた短編を訳しました。クリスマスの話です。『クリスマスの伝言』とタイトルを付けました。逐語訳ではないけれど、原文のスピリットは伝えてるっていう訳です。

この短編は本当に短いのに、登場人物がめちゃくちゃ多いんです! なのに、各登場人物の性格や雰囲気がぱっと想像できてしまう。モンゴメリ、すごい!と思いました。いろんな「すれ違い」が起きるのですが、最後にほっこりする話です。

She-Kakuのふたりは、この冊子を作っているあいだ、ネットフリックスで『アンという名の少女』を見て研究しました。アンの生活にはいろんなお菓子が登場します。この『クリスマスの伝言』もそうです。文章では伝えきれない、カナダの古いお菓子の数々をオリジナルのイラストで楽しんでもらえればうれしいです。もちろん、表紙や表紙裏もオリジナル。水彩画っぽい絵なので、紙は画用紙っぽい、やさしい感じのものを選びました。イラストやデザインのことは、私にはまったくわからないので、ユニットを組んでほんとによかったと思いました。

この冊子は小さいので、厚めのクリスマスカードにもなります。小説なんて普段読まない人でも読める長さだし、「人の心」を大切にするお話なので、贈り物にぴったり!

日本では、とてもすてきな手作り石けんとセット、あるいは単体で販売します。カナダにお住いの方もご連絡いただければ用意はできるかな。

この冊子を自分のお店に置きたい!なんて方がいらっしゃれば、ツイッターのDMからご連絡ください。お待ちしております。https://twitter.com/kaku_she

もしかしたら行けるかも?

アメリカとカナダの国境の陸路の行き来が緩和されるというニュースが届き、ほう? もしかして1月にはもっといろんなことが緩和されて、ワクチン接種証明だけでニューヨークに行けるんじゃ? と希望の光が見えてきました。

が、アメリカではアストラゼネカとmRNAの混合接種は認めていないので、この組み合わせの人のワクチン証明をアメリカが認めないことにはどーのこーの、という記事も読みました。ちくしょー! ドキドキするじゃないか!

というわけで、先日、ニューヨーク行きをあきらめたと言いましたが撤回します。希望をもって、ホテルもキャンセルしないで様子見します。待ってろよ、ヒュー・ジャックマン! いや、ミュージカルよりも友だちとの再会のほうが楽しみになっている今日この頃です。