読書会1 – あしながおじさん、影との戦い、飛び込み台の女王

4人だけで海外YA作品を日本語で読む読書会をしました。そもそもYAって何なのでしょうね。北米のチェーンの本屋さんに行くと、「YAコーナー」が必ずあって、すごくいっぱい本が並んでいるのと、表紙デザインでなんとなくわかるんですが…… そういう問題ではなくて、もっと根源的な問いなのですが。

今回は、『あしながおじさん』(どの版を読んでもいい)、『飛び込み台の女王』、『ゲド戦記1:影との戦い』の3冊。

少人数の読書会っていいですね。30人くらい集まる読書会だと、だまって聞いていることが多いし、安心して何でも話せるというわけにはいかないですから。

今回は、意外にも『あしながおじさん』について話し込んでしまいました。大人になってから読むと、こうも面白いものなのかと。源氏物語の若紫的な話に行くかと思いきや、最初から最後までジュディの書く手紙だけなので、「ジュディはどこまで確信的だったのか(今風に言うと、もっていたのか)」という一点に時間をかなり割いたような気がします。

『飛び込み台の女王』は、飛び込みという競技と、登場人物の父親の死がからんでいるのでダークなのですが、いい映画になりそうな話でした。ロシア系移民の家族が登場するのですが、そのお母さんが「馬には足が4本あるのに、それでもつまづくことがある」というロシアのことわざを何度も言うのです(笑)。

『影との戦い』は、いつまでも話せそうなほど、話したいことはあったのですが、『あしながおじさん』に熱弁を振るったせいで、燃料切れ。このあと、ゲド戦記2を読み進めようと思ったのですが、ル=グィンが80代のときに書いていたエッセイを今読んでいます。『影との戦い』を書いたときから、一徹しているところがあるな、と思いながら……

来月は、『わたしはイザベル』。岩波のスタンプブックスシリーズの装丁がとてもかわいく、紙版で集めたいけれど、やっぱり海外にいると電子書籍になってしまうのが残念。

最近、私が余暇にYA小説をよく読んでいるのには理由があります。小学校1年生の姪っ子がわりと本好きで、その子がどんなものを読むのかなと気になるからです。時々本(児童書)を送ると、「漢字がいっぱいすぎる」と言ったりします。そういう本は読めないらしいけど、ちょっと大人扱いされて、うれしいみたい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s